TAKUやんのブログ~のんびりアニメを楽しみたい~

ここでは自分の見たアニメ・好きなアニソンを中心に自分なりの意見や感想を書いていきたいと思ってます

2018年冬期(1~3月期)アニメ個人的感想

2018年最初のクールのアニメも大盛況のまま終了しました。久しぶりに豊作のシーズンでしたね。

沢山あり過ぎて見損ねた作品も沢山ありますが、その中で自分が今期見てきた作品は以下の通りです。

 

yurucamp.jp

『よりもい』と迷いましたが、やはり今期NO.1作品(個人的)はこちらですかねぇ。

何が凄い…という部分がある訳ではないのですが(随所に細かい拘りは沢山ちりばめられてますが)、見てるだけでキャンプ気分が味わえる感じが良かったですね。勿論漫画として簡略されてる部分も多いので、そのまま実践するとエライ目に遭いますがw。

あと、各レポートでは「食の描写」が絶賛されてますが、何より「それをそこで食べる必然性」がこじつけじゃない所が好感持てました。(え?坦々餃子鍋のどこに必然性があるのかって?それを聞いちゃお終いよ(爆))

この作品の影響で冬キャンプに出掛ける人も多いと聞きましたが、くれぐれも装備は万全に。

yorimoi.com

ストーリー物ではこちらがずば抜けてましたね。

最初はどこでリタイヤするんだろう…と心配になりながら見てましたが、3話の結月の号泣シーンで視聴継続を決定しましたね。2段落ちというか王道な友情ストーリーながらちゃんと捻って山場を持って来る展開が見事でした。ストーリー物ながら1話毎に起承転結を付けて、王道展開ながらも1クッション捻りも加えてるという展開に毎週ズルいなぁと思いながらも楽しませて頂きました。

最近では珍しい有名どころ声優を惜しみなく起用し、声優さんがちゃんと演技でそれに応えてる所が凄かったですね。

takagi3.me

こちらはコテコテの青春物ですが、アニメでは珍しいカップル物ですよね。

この作品は年代や境遇で感想が異なるかも知れません。自分は失った青春に対するノスタルジックな感傷を凄く感じました。それが嫌な感じではなく、こんな体験した事ないくせになにか懐かしい…という不思議な感覚を味わいました。

この作品で主演の高橋李依さんは良い声優になったなぁと感じましたね。勿論元々実力のある声優さんだとは思うのですが、この作品やこの作品のニコ生で新たな演技の幅を身に付けたのかな?と感じました。

slow-start.com

最近「きらら」作品を完走出来なかったのですが、こちらは久しぶりに完走させて頂きました。

かといって、この作品に特別な何かがある訳ではなく、標準的なきらら作品だったとは思うのですが、話数が進むにつれてだんだん楽しみになってきました。優しくて、ほのぼのして、ゆるくて、暖かくて…そんな作品でした。

www.tbs.co.jp

癒やしとか萌えという概念で言えば、この作品はある意味究極の癒しでした。

キャラクターも可愛かったし、登場人物も良い奴ばかり。11話の引きで嫌な予感がしたものの、最終12話ではちゃんと作品の流れを大きく損なうことなく作品の世界観を貫けた感じがします。

overlord-anime.com

こちらは言うまでも無く大人気作品の第二期。1期を見て無いと何も判らないという欠点があるものの、それさえクリアすれば概ね満足できる内容だと思います。これを書いてる時点では最終話はまだ見れてないのですが、もうよほど大コケしない限り大丈夫でしょう。問題は2クール目に突入してしまったら…ですが、それはそれでかえって好都合と言う物です。

hoshiiro.jp

この作品はある意味今期を象徴する作品でした。

かなり裏ワザというか、限りなく禁じ手に近い手法ではあったものの、アニメの新しい可能性を見せて貰ったと思います。賛否の多い作品なので一般の人に気軽に勧めるのは勇気が要りますが、気になる方は何らかの形で見てみて下さい。

ちなみに自分は映像の元ネタも声優の絡みのネタも殆ど判らないまま見てましたw。

 

今期も素敵な作品をありがとうございました。

次期も楽しいアニメが見られますように。。。

 

花見してきた!

今年は例年より早く桜が満開になり早々と散ってしまう恐れあり…と聞いたので、8日振りの休みで相変わらずの睡眠障害でボーっとしながらも花見に行ってきました。

例年は無理して行く事も無いか…とスルーしてたのですが、今年は何故か恒例行事にかこつけてでも動いた方が良いのでは?という焦燥感にでも駆られたんでしょうかね?w

 

で、例年は家~職場移動中にチラッと眺める程度なのですが、今年は思いきって市内とはいえ桜の名所的な公園に足を延ばして見ました。

地元半田で花見と言えばここ!という雁宿公園です。

f:id:mathutakuyan:20180329215407j:plain

多分幼稚園の遠足で来たきりだと思うのですが、こんな感じだったっけ?というのが正直な感想でしたw

こんな間隔で桜の木植えて普段どうしてるんだろう?と心配にもなりますがw、やはり花見時期は良い感じで桜巡り出来て悪くなかったですね。

 

平日だからガラガラだと思ったのですが、思ったより人が多くてビックリ。まぁ春休み中との事もあり、子供の姿も多かったです。屋台も出てたので何か買おうとも思ったのですが、そんなに滞在するつもりもなかったのでりんご飴は持て余すし、ベンチはほぼ全滅だったのでたこやきやたこせん等の食べ物も厳しいし、フランクフルトは何故かシワシワのヨボヨボで購買意欲が湧かず、結局断念w。次の機会にはもう少し時間取って

 

そんななか、和服で花見に来てたお姉さんが居たのが凄かった!桜と和服がこんなにシックリ来るとは思いませんでした。しかも和服がシックなデザインだったのでより桜が映えて、そんな風景に和服と人物がより映えるという相乗効果を見る事が出来ました。

ここでコミュ力高い人は「写真撮らせて下さい!」と頼むんでしょうが、多少鬱気味でコミュ力マイナスな自分にはとても出来ませんw。遠巻きで写真撮る振りして後姿撮る作戦もあったかもしれませんが、流石にそれはモラル的にアウトだと思ったので止めておきました。

 

家を出るまではかなり億劫でしたが、やはり時期のイベントを体感するのも悪くないですね。無理して行った甲斐があったという物です。

只一つ、展望台の入り口のド真ん前でブルーシート引いて場所占拠してたジジイ共、お前らはダメだw

北海道行って来た 雑感

今回の旅行で感じた事を少し番外編的に書き残してみます。

 

最初に飛行機&空港。

初めての飛行機は思ったより快適でしたが、やはり椅子は狭いですね。まぁ自分が太り過ぎてるだけなんですがw、観光旅行でお土産買って帰る時とかスペースが無さ過ぎて大変でした。そういう意味では電車の方が快適に移動できるのかも知れませんが、時間の無い現代ではそうもいきませんよね。

思えば30年前、夜行列車使って12時間以上(途中青函連絡船含む)掛かって移動した距離をたった2時間程度で移動できるんですから、こんな素晴らしい事はありません。

 

それにしても格安航空会社を使った所為か、発着ゲートがバスラウンジだった(行きの出発だけ普通のゲート)のが気になりました。仕事で外から見てる時でも(不便だろうに…)と思いながら見てましたが、実際利用して改めて不便だなぁと思いましたw。

飛行機から到着ロビーまでとはいえ、満員バスに寿司詰めで移動させられるのはどうなんですかねぇ?まぁ空港の規模等やむを得ない諸事情もあるんでしょうが、ここだけ抽出すると自分が荷物になって運ばれる運搬手段という感覚になりますね。

あと、行きのスカイマークはコーヒーとキットカットのサービスがありましたが、帰りのジェットスターは何一つ無かったのはなんでだろう?w

 

 

続いて北海道現地の雑感。

とにかく周りから聞こえてくる会話の半分以上が外国語だった事にビックリしました。何処に行っても聞こえてくるのは外国語。30年前では体験しなかった事です(記憶が曖昧なだけなのかな?)。それだけ北海道という土地が国際的観光地になったって事なんでしょうかね。二条市場でも看板や張り紙に外国語がビッシリ書かれていたのも印象的でした。

 

焼く30年振りに再訪した札幌でしたが、記事にもある通り全く印象が変わってて、ほぼ初めて来たって感覚でした。まぁ前回の札幌も訪れたのは中島体育センター(外観を眺めただけですが)とか道の向かいから時計台見たりとかそんな程度だったのですが、街中ってこんなにジンギスカン料理屋だらけだったっけ?なんて思ったりもしました。

最後に事前に目標立てて未達だったのがセイコーマート訪問でした。駅やホテルの近く歩けば何処かにあるだろう程度の感覚で見てたのですが、結局見つける事が出来ませんでした。スマホのナビで探せば良かったんでしょうが、中々一人で出歩く時間も無かったので(それだけの理由で同行者を連れ回す訳にもいきませんしw)それは残念でしたね。意外にローソン多かったってイメージがあります。まぁ愛知県は諸事情により異常にファミマが多いのでそう感じるのかも知れませんが。

 

夜の居酒屋で黒ラベルが置いて無かったのも実は驚きでした。スーパードライなら地元にもあるんだよな~と思いつつ店員に聞いたら「北海道だからこそ、敢えて黒ラベルじゃなくて『クラシック』ですよ!」って答えてくれましたがw。そんな訳で居酒屋では瓶ビールでクラシックを飲んでました。あと北海道ではホッケ、というのがイメージらしいですが、我が家では結構頻繁に食卓に出てたので新鮮味はありませんでしたが、むしろ食べる度に「愛知のホッケは脂が無くてパサパサだ!」って毎回愚痴りながら食べてた親父の顔が思い出されて、少し物思いにふけながらホッケとクラシックを味わせて頂きました。

 

ちなみにジンギスカンと居酒屋の間の時間がバッサリカットされてますが、実は今回の札幌訪問のメインイベントはこの時間だったりします。

ただし諸事情によりここでは一切書けないのが残念です。同行者にはこのブログの存在は知らせてないのでよほど大丈夫とは思うのですが、万が一ここで書いた内容が同行者の家族に知られると大惨事になるので…という記述でお察しくださいw

まぁ、そこで自分は自分の余りの不出来さに愕然として、自身の生き物としての限界と終焉を感じた、とだけ報告しておきます。これである程度察しの良い人なら理解して頂けると思います(苦笑)。

 

以上、旅行ブログでした。長々とお付き合いありがとうございました。