読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKUやんのブログ~のんびりアニメを楽しみたい~

ここでは自分の見たアニメ・好きなアニソンを中心に自分なりの意見や感想を書いていきたいと思ってます

か、火事だぁぁぁぁぁ!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

今朝(AM3:00頃)いきなりお袋に叩き起こされました。

「ちょっと!火事だよ!火事!」

えらい剣幕で言ってくるので最初自分の家が燃えたのか?

とビビったのですが、居間に行ってみると自分の家は無事

でした。

 

なんだよ~脅かすなよ~

って窓の方を眺めたら、朝の3時なのに外が無茶苦茶明るい。

しかも周りが真っ赤っ赤。

外が火事だがね!!!

道路と空地挟んだ建設回会社の倉庫兼作業場から火の手が上

がってました。目の前を火柱が勢いよく上がって…え?目の

前??ここ7階なんですけど…

 

この段階でやっと目が覚めました。

窓を開けて見ると、まるでバーベキューをやってる時のよう

な熱気が襲って来ました。こんなに火元から離れてるのに…

改めて火事の怖さを目の当たりにしました。

 

念のため119番に電話。誰か通報はしてるだろうとは思っ

たのですが、皆そう思って連絡してないとエライ事だと思い

敢えて電話しましたが、案の定通報済みでした。消防局の方

手間掛けさせてスミマセンでした。

 

電話では「既に向かってます」との事でしたが、消防車が到

着したのは自分が電話してから15~20分程経ってから。

距離的にも妥当だとは思うのですが、体感的には遅く感じま

した。もし当事者だったらもっと遅く感じたんでしょうね。

 

で、到着から放水までがまだ時間が掛かったように感じまし

た。当然都合よく消火栓がある訳でもなく、放水に時間が掛

かるのは当然の事なのですが、これまたもし当事者だったら

右往左往しちゃうんでしょうね。

 

そうこうしてる間に順次消火活動もスタートし、火の勢いの

ピークも過ぎた所で自分は一旦寝直しました。一応仕事もあ

るんで。で再び起きた時には流石に火柱は無くなってたもの

の、所々まだ燃えてる部分もありました。ニュース等で確認

すると鎮火がAM9:55頃で、現場検証は17時頃までやってた

そうです。

 

これだけ大きな火事は自分の人生でも1・2を争う程でした。

こうして実際火事の現場に遭遇すると、改めて火災の怖さが

身に沁みます。今回は人的被害は無かったらしいのが不幸中

の幸いでした。

 

しかし、改めて思い知ったのは…これだけ騒がしかったり

周りが熱かったりしながらも、自分の部屋からは全くその

様子が伺いしれなかった事です。もし自分の棟(うちは市営

の集合住宅)の他の所で火災が発生したら、下手したら気が

付かずに逃げ遅れる事必至だなぁと思うと、震えが止まりま

せん。

本当に火事って怖いですね。火の用心の大切さを今一度痛感

しました。皆様も気を付けて下さいね。

 

「失敗から学ぶ開業」
http://www1.odn.ne.jp/siltupaidan/

趣味のページ
http://www1.odn.ne.jp/siltupaidan/demise/demise.html