読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAKUやんのブログ~のんびりアニメを楽しみたい~

ここでは自分の見たアニメ・好きなアニソンを中心に自分なりの意見や感想を書いていきたいと思ってます

2017年冬期(1~3月期)アニメ個人的感想

2017年の冬期のアニメもほぼ終了し、そろそろ個人的な忘備録も兼ねた感想を書く時期になりました。

 

まだ『小林さんちのメイドラゴン』が自分の地域では最終回が終了してないのでこの作品を総括するのは若干早いのですが、まぁ最終1話で大きく方向転換する事も無いでしょうからこのまま進めちゃいます。

 

この作品は最近の京アニには珍しい原作付な作品でしたが、概ね「京アニらしい」作品だったと言えるでしょう。スタート時は原作情報とか入れずに見てましたが、まぁ京アニがヘタ打つ事は無いだろう…という安心感で見てましたし、京アニもそれに応える作品を作ってきたと思ってます。見た感じ非の打ち所がない…というと少し大袈裟ですが、特に突っ込み処もなく安心して見てられる作風は流石京アニ!と言った感じでしょうか。

 

今期の最初の段階では一択だった『この素晴らしき世界に祝福を!2』も期待に応えた素晴らしい作品だったと思います。多少作画が荒れたり展開がワンパターンだったり…と粗はあったかもしれませんが、スピーディな展開と声優さん達の怪演がそれを補ってたと思います。1期のファンが観たかった物をちゃんと出してきたという印象です。

 

ガヴリールドロップアウト』は思わぬ収穫でした。こちらも話の展開がワンパターンな感はありましたが、お約束的な展開を安心して楽しめた作品だったと思います。

 

幼女戦記』は気が付けば最近流行りの「転生物」でしたが、見方を代えれば転生物もまだ新たな切り口があるのだな、と気付かされた作品でした。2期を匂わせたEDでしたが自分は2期見るのかなぁ…?w

 

そして今期何と言っても話題をさらったのは『けものフレンズ』でした。

個人的には1話見てから暫く見て無かった時期があったのですが、ニコ生の1~8話振り返り上映会で改めて見直して、この作品はコメント付きで見ると面白さが増す作品なのかな?という印象を受けました。1~11話の振り返り上映会ではコメント数でニコ生記録を更新した(しかも記録作品よりも少ない入場者数で)というのも判る気がしました。皆で作品を共有する楽しみを再認識させてくれたのは思わぬ収穫だったと思います。願わくばこの傾向が良い方向に向かわん事を祈らずには居られません。

 

『BanG!Dream!』はまだ途中なので総評は次回に持ち越すとしても、現時点では「やっちまったな…」という印象が強いです。当初の置いてきぼり感は沈静化したとは言え、相変わらずのツッコミ具合が今後どのように展開されるのか、残りの話数も注目したいところです。

 

あと残念だったのが、生活リズムの都合で『南鎌倉高校女子自転車部』の視聴が途中で途絶えてしまった事でしょうか。作画も綺麗で話も安定してたとは思うのですが、生活リズムの都合で数話飛ばした時に戻る事が出来ませんでした。続きを見たいという衝動に駆られなかった、という事なのでしょう。そんなに悪い作品では無かったと思うんですけどねぇ…。

 

という訳で、冬期も素晴らしい作品の数々に出会えた事を感謝いたします。

今期(春期)は『サクラクエスト』『ソード・オラトリア』『エロマンガ先生』辺りを視聴予定ですが、もしかしたら未聴のまま溜まった『南鎌倉~』や『うらら迷路帖』を見返すかも知れません。

 

来期も素晴らしい作品に出会えますように・・・。